【ビジネス】フリークエンシーを実感してみる【しみじみ】

1

Category : 街角つれづれ日記, 街角びじねす日記

昨晩は、疲れているのに何故か眠れませんでした。左の眼底部に痛みをおぼえたために両目を温め血流を確保したりしていたのですが、それが理由だったのでしょうか。ちょっと疲れているのかも、です。
あ、ちなみに昨晩は禁酒デーでした。お酒を飲まない日も良いものですね。

さて、ガリガリと音の出るくらいの獲得系デジタル広告(リスティング広告、ネットワーク広告など)を運用している、または運用していた人が、なかなか理解出来ないのがフリークエンシーです。なんとなく効果ってあるよね、というもやっとした感覚はあれ、なかなか数字の意味を信じることが出来ないのではないでしょうか。

フリークエンシーとは、広告や商品を何度も見せる(接触回数を増やす)ことで認知率を上げる手法の、接触回数指標のことです。

かくいう私もリスティングを担当していた事もあり、広告に関わる人間であれば必ずといっていいほど考える必要のあるフリークエンシーという概念に、なかなか実感が持てませんでした。

そんなとき、体験してしまいましたフリークエンシーの効果。実感してしまいましたフリークエンシーを重ねる意味。

そう、tumblrです。


https://www.tumblr.com/login

ご存知の方も多いと思いますが、wikiによればTumblr(タンブラー)はメディアミックスブログサービスで、ブログとミニブログ、そしてソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスだそうです。

tumblrのアカウントを開設すると、まず基本になる自分のブログのようなものが作成されます。ここに、世の中のwebにある情報(テキスト、画像、引用、リンク、音声、動画など)をスクラップブックのように切り貼りしていくことができます。自分の好きなものをぺたぺたと貼りつけていくことができるのです。いわば趣向の巣窟。趣味の小部屋。精神の終着地。
また、twitterのフォロー機能のように、他のtumblrユーザーをフォローすることができ、フォローすることでそのユーザーの投稿が逐一ダッシュボードと呼ばれるタイムラインに表示されていきます。このダッシュボードがキモで、誰かの投稿をチェックしながら自分のブログにも再投稿(Reblog、リブログ)することができます。雨のように降ってくる情報を、ダッシュボード上で自分色のフィルタをかける。すると、アラ不思議、テキストのみではない、私の感性や趣味や趣向といった個性のシルエットがブログに描き出されるではありませんか!

記事そのひとつひとつは基本的に転載になることから、元記事への出典リンクが付くことになります。
転載の転載など孫転載によってバイラルしていくことが基本のtumblr。tumblrサービスが著作権的にグレーと言われるのはそのへんに問題がありそうですね。

と、怖がっていてもラチがあきません。このサービス、twitterやfacebookと同じように、触ってみてはじめてその意味が理解できる類のものです。まずアカウントを開くところから。

さっそくtumblrを始めるならとりあえずここを参考にアカウント取得を。

APPBANK:Tumblr(タンブラー)のすすめ。初めてTumblrを利用する人へ、遊び方や使い方、おすすめtumblr紹介など。
http://www.appbank.net/2009/04/20/iphone-news/21679.php

念願のダッシュボードも手に入ります。

そして、こちらが私のtumblr。


http://machi-k.tumblr.com/

クール&ポップ&ビューティなフィルタリングで今日もReblog大全開。会社で閲覧の際は、背後に誰かないか確認してくださいネ。ちょっとビューティが過ぎることもございますテヘ。

さてさて、閑話休題。

そのtumblrで、フォローしている数人のユーザーが時間差で同じ画像を投稿したようなのです。私のダッシュボードに間を置きつつ同じ画像が3度、登場しました。不覚にも、3度目の画像確認でそれをリブログしてしまったのです。同じ画像を3度見たことで、最初はスルーしていた画像も3度目には「なんだか良い気がする」画像になっていたのです。投稿ボタンをクリックした瞬間に、ああ、やってしまった、とフリークエンシーの罠にハマった自分を発見しました。

感覚の部分でリブログしながら、理性の部分でフリークエンシーの効果を認識するという、なんとも不思議な体験でした。

刈り取りの部分のみを深掘りしていくリスティング広告に携わっていると、こういったアウェアネスに対する考え方がおろそかになりがちです。かくいう私も、総合代理店で新たに仕事を始めたことでフリークエンシーという考え方を意識するようになったばかり。その矢先の、この出来事。きっと偶然ではないはずです。

みなさんもぜひ、tumblrでフリークエンシー(の奇跡)を体験してみてください。その際は、私のtumblrフォローをお忘れなく^^

マーケティング・メトリクス

マーケティング・メトリクス
著者:ポール・W.ファリス
価格:3,675円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

Comments (1)

世の中には「自殺頭痛」なるものがあるらしい。
激痛だったら要注意。。。

Post a comment

You must be logged in to post a comment.