【映画】インセプション

1

Category : 街角えいが日記

毎日のように気温は30度を越え、そんなうだるような暑さのなか行ってきました映画鑑賞。2010年7月23日全国ロードショーの映画、監督は鬼才クリストファー・ノーラン。彼が脚本まで手がけたという「インセプション」は、“夢”や“深層心理”といったややもすれば安っぽくなりがちな難しい題材の作品、その先行上映です。

■作品情報
作品名:インセプション
メディア:映画
公開日:2010年7月23日全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザーズ
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケインほか

主人公は、言わずと知れた二枚目俳優のディカプリオ。彼はここに来て精神的な作品に多く出演しているように感じます。またよく言えば演技だけではなく肉体的にも貫禄が出てきた気がします。シャッター・アイランドでもその片鱗を見ることが出来そうです。今回、日本からは渡辺謙さんが出演。味のある日本人をさらりと演じています。

▼以下、ネタバレを含むことがありますので、ご注意ください▼

さてあらすじですが、公式サイトには
「コブ(ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態、つまり眠っているときに夢を通して潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗み出すという犯罪分野におけるトップ・スペシャリスト。そんな彼に、「インセプション」と呼ばれる最高難度のミッションが与えられ、コブをリーダーとする最強の犯罪チームは、命を懸けた、究極のミッションに挑む---。」
とあります。

映画を見終わったときに感じたのが、ミッション・インポッシブルやチャーリーズ・エンジェルを見たときに感じる「依頼の理由(結果)はどうでもいい感」でした。これは悪い意味ではなく、そこがこじつけに感じないほどの本筋の作りこみと表現があったと考えています。
内容については、他人の夢にダイブし相関関係のバランスが現れながらもそこで行動するというスリリングなシーン、また心の抑制機能が作用し防衛細胞のように働く夢の中の“影”たちとの戦闘、主人公の心の闇とが深く絡み合い、文字通りそのすべてが織り成す一本の映画として作り上げられています。
作品自体は148分と短くないのですが、内容が詰め込まれておりもっと丁寧に書き込んで欲しいとも感じました。それだけ内容は濃く、また飽きさせないアップテンポでありながらもしっかりと話が入ってくる、心地のいいつくりです。

登場人物の誰かの深層心理をのぞいている感覚もありながら、映画が終わって物語を思い返すときには、監督クリストファー・ノーランの考える深層心理がどのようなものなのかが見えてくる、彼の頭の中をのぞいている感覚がある、そんな作品です。

幾層にも重なる“夢”の連鎖。すべてがすべてに関連性をもち、何かと何かが作用しあい、それはつねに目的どおりにはいかず、だからこそ“生きる”ということはエキサイティングでドラマチックで、またにがく辛い、愛すべきものなのかなと、そんなことを思ってみました。夢は夢のままであったほうがいいのか、それとも夢の影と向き合い、対峙し、おのれの心を試練にさらすべきなのか。ノーラン監督はさらりと、しかしとても厳しく、観客に問いかけてきました。

そんな、作品の答えを探す必要のある、ちょっと面倒なお土産も用意されています。お楽しみに。

最後に、ディカプリオの“への字口”が最近のお気に入りです。賛同者はいますか?

Hatena::Diary 街角よみもの日記 / 【映画】インセプション

毎日のように気温は30度を越え、そんなうだるような暑さのなか行ってきました映画鑑賞。2010年7月23日全国ロードショーの映画、監督は鬼才クリストファー・ノーラン。彼が脚本まで手がけたという「インセプション」は、“夢”や“深層心理”といったややもすれば安っぽくなりがちな難しい題材の作品、その先行上映です。

■作品情報
作品名:インセプション
メディア:映画
公開日:2010年7月23日全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザーズ
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケインほか

主人公は、言わずと知れた二枚目俳優のディカプリオ。彼はここに来て精神的な作品に多く出演しているように感じます。またよく言えば演技だけではなく肉体的にも貫禄が出てきた気がします。シャッター・アイランドでもその片鱗を見ることが出来そうです。また日本からは渡辺謙さんが出演。味のある日本人をさらりと演じています。

⇒以下、ネタバレを含むことがありますので、ご注意ください。

[f:id:xathan:20100721232810j:image]

さてあらすじですが、公式サイトには
「コブ(ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態、つまり眠っているときに夢を通して潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗み出すという犯罪分野におけるトップ・スペシャリスト。そんな彼に、「インセプション」と呼ばれる最高難度のミッションが与えられ、コブをリーダーとする最強の犯罪チームは、命を懸けた、究極のミッションに挑む---。」
とあります。

映画を見終わったときに感じたのが、ミッション・インポッシブルやチャーリーズ・エンジェルを見たときに感じる「依頼の理由(結果)はどうでもいい感」でした。これは悪い意味ではなく、そこがこじつけに感じないほどの本筋の作りこみと表現があったと考えています。
内容については、他人の夢にダイブし相関関係のバランスが現れながらもそこで行動するというスリリングなシーン、また心の抑制機能が作用し防衛細胞のように働く夢の中の“影”たちとの戦闘、主人公の心の闇とが深く絡み合い、文字通りそのすべてが織り成す一本の映画として作り上げられています。
作品自体は148分と短くないのですが、内容が詰め込まれておりもっと丁寧に書き込んで欲しいとも感じました。それだけ内容は濃く、また飽きさせないアップテンポでありながらもしっかりと話が入ってくる、心地のいいつくりです。

登場人物の誰かの深層心理をのぞいている感覚もありながら、映画が終わって物語を思い返すときには、監督クリストファー・ノーランの考える深層心理がどのようなものなのかが見えてくる、彼の頭の中をのぞいている感覚がある、そんな作品です。

幾層にも重なる“夢”の連鎖。すべてがすべてに関連性をもち、何かと何かが作用しあい、それはつねに目的どおりにはいかず、だからこそ“生きる”ということはエキサイティングでドラマチックで、またにがく辛い、愛すべきものなのかなと、そんなことを思ってみました。

最後に、ディカプリオの“への字口”が最近のお気に入りです。賛同者はいますか?

Comments (1)

[…] This post was mentioned on Twitter by ちゃいる, 鈴木”街角美人”のえる. 鈴木”街角美人”のえる said: ブログ書いたよ。 【映画】インセプション http://bit.ly/9gwGM5 […]

Post a comment

You must be logged in to post a comment.