【電通さん】広告代理店はちゃんと考えているよ、という証明。【ヤリマスネ】

Category : 街角えいが日記, 街角びじねす日記

映画館で観そこねた「TIME」という映画をレンタルで観ました。

映画のタイトル通り、時間という概念を取り扱った映画だったのですが、そんな映画にあるまじき感想を、私は持ってしまいました。

「時間の取り扱いが、雑! 私の2時間を返せッ!\(^o^)/」

ちょっとイケてないを観てしまった街角美人です。どうも。

さて表題の件ですが、こんな記事が上がっていました。

コンビニクーポンをSNSで配布 電通がプラットフォーム開発

要約すると、広告代理店の電通がsnsなどでクーポンを配布できるプラットフォームを開発したとのこと。要約もなにもないですね、記事と一緒のことを書いてしまいましたすみません(^q^)

いまFacebookやTwitter、ほかいろいろなsnsを用いてクーポンを配布するサービスは数多く存在します。 Facebookクーポンはもちろん、アプリも利用しユーザー数を伸ばすモニプラ、Twitterを利用して独自にクーポンを配布するローソンなど、snsというインフラを用いてクーポン情報を伝播、集客などに利用しています。

こうしたsnsでのクーポン配布を、プラットフォームを構築することで一元管理できるサービスを電通さんが作ったそう。何と比較してか、このプラットフォームは他社の事例に比べCVRは15%以上高いとか。

という、一般的なお話はおいといて。

私がこの記事、このプラットフォーム構築を歓迎する理由はそこではなくて、このプラットフォームが大手の広告代理店である電通さえもが“枠”というメディアの概念から飛び立つことができるひとつのきっかけになるのではないかと考えているから。

情報を伝播するインフラが、snsというコモディティ化したネットワークの上に成り立ち、それが日常であればあるほど、旧来の“枠”というメディアを超えて情報は伝播する。それがsnsの本当の意味です。

きっと電通のだれかはそういうことを認識、理解していて、それを具現化するためにこのプラットフォームを構築したのではないかと私は思っています。

もっと簡単に言うと、電通は近い将来媒体という概念が変わることを理解しているからこそこのプラットフォームを構築したのだということ。

こういった考え方を大手広告代理店ができるということが、同じ業界でお仕事する私はちょっと嬉しかったりします。どうしてって、それはきっと世の中の幸せの絶対量を増加させることにつながるから。それは、私の幸せの実現だから。です。

だれかの幸せが、私の幸せでありますように。おしまい。

【次世代の媒体】デジタルの広告屋が見る、ちょっと未来の夢について。

Category : 街角びじねす日記

日曜日の昼下がり。締め切りに追われる家族のために、ちょっとスタミナ料理を作っています。ザワークラウトというキャベツの塩漬けをベースに、豚バラ肉と鶏もも肉を煮込んでいます。ザワークラウトに少々の酸味があるために、お肉の油っこさは殆ど感じられず、ちょっと多めのニンニクと、味付けのコンソメと塩コショウでしっかりと締まった煮込み料理になります。煮込むのに時間はかかりますがとても簡単なので、みなさまもぜひ。

はい、街角美人です。

のっけのご挨拶で一品できてしまいましたね。今日はさくさくいきますよ!XD

私は2005年にこのデジタルの広告業界に入りました。2005年はGoogleやOvertureという会社の検索連動型広告が日本で爆発的に普及を始めた時期で、この年のインターネット広告費の2割を占めるまでになっています。当の私もこの時に検索連動型広告に携わり、いまは総合広告代理店のインターネットメディア部門に身をおいています。

デジタル広告の業界、いわばIT業界でお仕事しながらも、それまでユーザーとして感じていたインターネットに対するイメージは変わらず、雑多感のなかの玉(ぎょく)、蒼く深い情報の海、万人に対する“無機質な”平等感、意味ありげな“掃き溜め”、幸福の連鎖など、漠然としつつも今の世の中を生きるについて避けては通れない重要なキーワード、要素がつまった世界だと感じています。

そして、私の関わるデジタルの広告業界について、これからまた大きな波がくると考えています。その流れとは、

テキスト中心だったインターネット≧ブログが中心だったインターネット≧画像が中心のインターネット←イマココ

と、だんだんとインターネットの中核をなす要素に地殻変動が起きていると感じています。これは、人々が取り扱う情報が“文字情報”から“動画を含む画像情報”に移ってきているのではないかと私は考えています。

以前はテキストやブログのように、書き手のスキルによって情報は何倍にも面白くすることができた。しかし、そのスキルを持ち合わせるのは一握りのカリスマと呼ばれる人たちでした。それが今では、写真という情報でテキストもなにも使わずに自分の感情を表現することができる。自分は誰かということを表現することができる。簡単で手軽で、また理解も易い画像情報が、流通する情報の中心になるのは当然のことですよね。

いま、画像を取り扱うサービスが引く手あまたなのも、それを裏付けるものと考えて間違いないでしょう。例えばFacebookに買収されたInstagram、楽天が出資し話題となったPinterest、未だに成長を続ける謎のブログサービスTumblrなどなど。規模や話題性だけではなく、社会に与えるインパクトはとても大きなものになっているサービスたちです。

実は、私はここに広告業界の大きなイノベーションが隠されているのではないかと睨んでいます。というのも、デジタルの広告業界もマスの広告業界も、昔からの流れのなかで正統進化し今のこの業界があります。テレビ番組にCMが入り、駅前の看板が広告になり、雑誌に広告が挟まり、インターネットが広告であふれるようになって以来、この業界にイノベーションは起きていないと思っています。小さな変化はたくさん起きており、それが業界の成長になっていることは分かっています。そういうお話ではなく、メディアの概念を覆すようなイノベーションが起きてない、そしてこれからデジタルとリアルが融合することで大きなイノベーションが起こる可能性があるのではないか、ということです。

上記のような画像を取り扱うサービスがインターネットから溢れ出しリアルの世界に侵食しだしている現状もあり、デジタルの広告業界のみではなくすべての広告業界を巻き込む“広告の概念の地殻変動”が起きると考えています。

私は一ユーザーとして、面白い、楽しいと感じる情報がテキスト情報から画像情報へと移ってきているのを感じています。そしてそれは、情報を受ける側の変化でもあり発信者の変化でもある。その変化は川下へ向かって流れており、インターネットがもっと広くたくさんの人々に受け入れられる世の中を示唆しています。

なにが言いたいかというと、いま世の中は大きな地殻変動のなかにあり、そして私たちはデジタルの広告業界におり、そこに対して影響をあたえることも影響をうけることもできる、とても素晴らしい立ち位置にいるということ。少なくとも私はそう感じており、やるべきことがあると感じています。

大切なのは、目の前で何が起き、自分の身に何が起きているのかを理解すること。それを理解することで、私たちはきっとこの業界にイノベーションを起こすことができる。そのイノベーションは“確実に”起きる。なぜなら、凡人である私が気付いちゃったわけですから、たぶんちょう賢いGoogleの誰かとかFacebookの誰かとかいまホットなNHNの誰かとかも、こんなことには気付いてて、それをどうカタチにしようかと躍起になって考えているはずです。

これが、イノベーションに必要な“キー”です。

画像は今以上に来るよね、これから。という、豚バラレシピのお話。おしまい。

【つれづれ】一言いいたいこと。【番外ランチ:渋谷編】

1

Category : 街角つれづれ日記, 街角らんち日記

ダイエット>ダイエット>飲酒>リバウンド←イマココ

どうも、ご無沙汰しております街角美人です。

季節はもう、夏の終わりを告げるように日一日と日の暮れるのが早まる8月も半ばの残暑。まだまだ暑さは残りますが、一時の殺人的な直射日光と圧迫感さえ覚える気温の高さは、長くは続かない小学校のおじいちゃん先生の怒りように、いつのまにか通りすぎてしまっています。いま、なにしてるんですかね、優しかったあの先生。せんせー! 街角はいま、ここでブログを書いておりますよー! ビール片手にひとりテーブルで、ガリガリ君で薄ら青く染まった舌で唇を濡らしながら、ブログなんぞを書いておりますよー!

はい。突如掘り起こされた記憶にご挨拶しつつ、今日は言いたいことを言う日と決めたので御座います! まじで!

今年の1月、ひょんなことから1ヶ月だけ渋谷でお仕事をしておりました。そんな渋谷で、ずっと気になっていたことがあります。ほんとに今日は、そのことを声を大にして言ってやろうと思っておる次第にございます! まじでまじで!

バッチシ写真に収めたそのモヤモヤの根源、渋谷に潜むアレ的スポット、夜な夜な表れるこのカンバン!

どーん!

mouyan-curry

もうね、カンバンのね、

字が汚い!

 

以上。

 

もうやんカレー246(渋谷店)
http://moyan.jp/menu/menu-246.html
ちなみにランチはビュッフェという名のカレー食べ放題です。
なんかいつも店員さんがアロハ 着てます。
あとしゃもじで臨戦態勢のオーナー写真が飾ってあるので注意が必要だ。

【つれづれ】見てはいけないもの。

Category : 街角つれづれ日記

社用ケータイのストラップは、たらの芽。

街角美人です。

ガチャガチャ(ガシャポン?)でgetした、リアルたらの芽。そのリアルさといえば、気付いた人はドン引き、気付かない人も街角美人自身にドン引きで、結局引かれる一択という相変わらずの選択肢の無さに、涙。今日もお酒がすすみます。←ダメ人間

先日、大型複合スーパーに行ったときのこと。

子供用品専門店の店頭で見つけた、親子ほのぼの企画のツリーがこちら。

ちいさな子供が、パパやママ、家族に向けた願いごとを書き、ツリーにかけていく企画のようです。見ているだけでこれは、ほのぼのしてきますね。

「かぞくみんなが ながいきで いてね!」

「みんな しあわせで いますよおに」

つたないひらがなで、一生懸命書いた願いごとが綴られています。みんな、こころからの気持ちをペンに込めて。

。。。えっ?!

「みんなといっしょに くらせますように」でたー!\(^o^)/

とても平和な願いごとが続いていたツリーに、突如として現れた一見普通にも見える願いごと。しかしよくよく見ると、一家離散という悲しい悲劇が隠されている一文。

「みんなと一緒に暮らしたいということは、この子の両親はすでに。。。! そしてこの子は青森のおばーちゃんの家に預けられ、ひとりさみしく裏庭の竹林で育ちきった筍に足を取られ転んでいる」という景色が浮かんでは消え浮かんでは消え。。。

この子の身に何が起きたのかを想像するだけで悲しくなる、大人の心に突き刺さるハイレベルなクリエイティブ。そのヘタ字さえも計算されたものではないかと疑いたくなるほどの、ある意味シズル感。

世界中の家族の幸せを願わずにはいられませんでしたね。

とか、そんなことばっかり考えてしまう週末でした。

おわり。

【つれづれ】セカンドライフやってきました【セカンドライフ】

Category : 街角せかんどらいふ日記, 街角つれづれ日記

自宅がゲームセンター。
街角美人です。

いえね、いまうちアレですよ、けっこうゲームづいてまして、ご飯を食べる以外はPCにむかったりケータイいじったり、いいんだか悪いんだかそんな毎日なんですけれどもね、街角は街角で以前にjoinしていたセカンドライフというサービスに、改めてログインしてみました。


セカンドライフ -jp

相変わらずその空は高く、海は広く、そして世界はあたたかくあり、数年ぶりとなる仲間はまた街角を受け入れてくれる。
この世界は、現実世界を模したがためにデジタルの海に浮かぶ感情の溜まり場になっていて、そこで浮かび上がるには現実世界とデジタル双方が溶け合った独特のバランス感覚が必要となると考えています。

とても不思議で、また人の“こころ”に直接触れることのできる、デジタルの世界に作られた、感情という曖昧なものの具現化した世界。

もう一度、デジタルの海へダイブし自分を探してきます。

【セカンドライフブログ更新しました】街角美人の集う店 セカンドライフ支店

【ビジネス】アドネットワークとかアドエクスチェンジとか、そんなインターネット広告のこれからについて起きるいくつかの事柄 その2

Category : 街角Google日記, 街角びじねす日記

雪降りましたね、雪!

すごいですね、関東に積雪。敦煌に辟易、みたいですね。そんな言葉も意味もないんですけど。韻を踏んでみただけです。ご清聴ありがとうございました。街角美人です。

さて、表題の件について。その2になってはいますが、その1をお読みになった方はすでに少ないのではと思います。もう、それくらい更新が開いてしまいました。ときの経つのは、早いものですね(←言いたいだけ)。
さてその1では、水面下ではしっかりと盛り上がっている感のある「アドネットワーク」やら「アドエクスチェンジ」やらの理解の導入部でした。枠をまとめて販売していた「アドネットワーク」が時に割に合わない値付けになることがあり、そんな状況のなかへ市場原理を持ち込んだいわば証券取引所である「アドエクスチェンジ」が登場するも、いまいち盛り上がりに欠けている、というお話をしました。

ad-map

そんな、涙なくては語れない広告枠たちの前に、突如として現れたのです。禁断の伝説のスーパーヒーロー、「オーディエンスターゲット」が!!! → Continue

【つれづれ】どこかの誰かのブログを読むということ【考え事】

Category : 街角つれづれ日記

三連休ですね。

こちらは冬の晴天の下、Cityville三昧の三連休初日を堪能しておりますが、みなさまいかがおすごしでしょうか\(^o^)/
ジツは家族で体調を崩しておりまして、遅れて行く予定だった初詣に行けず、自宅でカレー作ったりしてました。Cityvilleやりながらカレークック。いうなればカレーville。カレーの中に世界を作りますヨ。なんつって。

街角美人です。

だんだんと正体が明らかになってきていますが、私こと街角美人はですね、若い頃にけっこう長い間ふらふらしていたわけでございます。ふらふらしていた期間があるからこそ、人様に追いつこうと今になって小走りで人生を歩いたりしているわけでございます。

社会人になったのも人より遅く、お仕事と作業は違うということを知ったのもきっと人より遅くて、落ち着くのも人より遅かったみたいだし、ていうかまだ落ち着いていないんじゃないかとも思っちゃったりして、やっぱり何度振り返ってみても、のんびりしてきた若年時代だなあと思うわけでございます。

決してソッチの筋じゃないのに、カタギじゃないようなぐうたら生活もしたし、それでもなんとか、遅れてきたルーキーはお天道様に顔向けできるように、どうにかこうにかやっているわけでございます。


※お天道様ァーーーッ!

そう、ずっとなにかを取り返そうと、なにかを取り戻そうと私は、躍起になっている気がします。生まれも育ちも良いわけでなく、学もなく、ただ人とおしゃべりする事は大好きな、掴みどころのない、何を考えているのかもわからない、そんな私は。私は。私は。

やっぱりコンプレックスのかたまりなんですよね。それがモチベーションになっている可能性も否めない。結果論をもってお話をされる方は、それでもいいとおっしゃるかも知れない。でも、それだとやっぱり最後に得られるのは、敗北感のみだったりする気がするのです。

いつかに、どこかの誰かの記事を読みました。

子供の頃に起業して、いま考えてみると残っているのは。。。それでもやるべきことがある、という内容の記事だったと思います。

私はそんな、起業なんて大それたことも、大きなことを成し遂げたこともありません。ないですけれども、私にはやるべきことがある。やりたいことがある。やらなければならないことがある。確証もなにもないけれど、なんとなくそんな気がします。生まれてきたことに対する感謝と、生きてきてしまったことに対する責任が、私にはあるのだと思います。

誰かのブログを読んで、そんなことを考えてみました。

夜って、不思議ですよね。お天道様に向かいながらも、やわらかい月の光のしたでそれを考える。さしずめ人生は太陽と月でできている、ということなのでしょうか。

【ビジネス】アクセス解析が世界標準になる理由

Category : 街角びじねす日記

キーボードを叩く手が冷たい。

ていうか、iPhoneを操作する手がめちゃんこ冷たい。なんですかねこのiPhoneユーザーに対する冬将軍のアタリの強さは。どういうことなんですかねこの仕打ち。さすが冬将軍、やりたい放題とか言われてやがるんでしょうか。そんなんでオチないですよ。なんとかしてくださいこの挨拶文。

はいどうも、街角美人です。

すこし前に、webのアクセス解析を生業とする元同僚とお話をする機会がありまして、お酒の席ではありますがちょっとだけビジネスのお話をしました。そこで、声高らかにこんなことを言う街角美人がいたとかいないとか。

「“解析”は「webの世界標準」から「リアルを含むすべての世界標準」になりうる」

なにを言わんとしているのか言い放った私は理由もあり確信もあるのですが、あのときあのタイミング(右手にビールを持ち、左手に鶏レバーの焼鳥(たれ)を2本持ってそのたれが手持ちのアンドロイドタブレットにたれた瞬間)で突拍子もなくこんなお話をされた元同僚は、ぶっちゃけ何を言ってるんだこの街角美人、脳にウイスキーが高濃度で回ってんじゃないのと思ったに違いありません。

というわけで、ここで弁解も含めて上記の予測というか予想というか展望というか、そんな確証もないけれどなんとなくそうなるよね、いやきっとなるよね、ていうか世界はそっちに向いてるし、ぶっちゃけ時間の問題ですよ、というお話をします。

→ Continue

【つれづれ】ブログ復旧しました。【ヨカッタネ】

Category : 街角つれづれ日記

焦りました。

昨日より嘔吐・下痢が凄まじく、その様はジェットエンジン搭載のマーライオンのように雄々しく、まとう空気はヨガの達人を思わせ、それを見た人は神を重ねたとか。

はい、正月早々とんでもねー風邪にやっつけられております私、街角美人です。

さて年末から当ブログが403 not foundという不思議キーワードを示すという事態に陥っておりました。原因を追求しましたところ、なんと年末に更新すべきだったレンタルサーバの契約が更新されておらず、なんとアカウント削除の憂き目にあっていたわけでございます。

真っ青な顔をしつつグーグル先生に助けを求めたところ、サーバ会社に連絡をすればなんとかなることもあるヨというお話をいただきましたので、早速フォームより連絡。なんと即日、サーバの契約については再更新が完了。更新手続きをご担当いただきました宮崎様(仮名)、本当にありがとうございました\(^o^)/

手間取っていたドメインの再設定も本日完了し、こうしてブログ更新と相成った次第にございます。

というわけで皆様、本年度もよろしくお願い致します。

写真は、年末に行ってきました日本に在りながらも唯一の夢の国、東京ディズニーリゾートのホテルミラコスタ内スパにいたイケメンです。

なんとなく、テルマエ・ロマエですね。

【つれづれ】Googleでlet it snowと検索すると【ゴイスー】

Category : 街角Google日記, 街角つれづれ日記

脱いじゃう素人。

どうも、街角美人です。

いえ、私が脱いじゃうんじゃなくてですね、なんと申しますか、最近はアレみたいですよ、プロのカメラマンにヌードを撮影してもらうフツーのOLさんやらがいるそうなんですよね。実際にいるのかどうかはわかりませんが、これだけメディアで取り上げられながら大きな反感も買わずにそんな市場があるということは、まあイメージ戦略としては大成功ですよね。こういう感じの撮影会を認知させていくことができれば、特定のイベントでのみ収入を上げていたカメラマンやスタジオなどは新たな収入源の確保になる。じつは先日、美魔女市場もエステ業界やコスメ業界による新市場の開拓なんじゃないかとふと考えたんですよね。素人ヌード写真もそうなのかなあ、と。

まあ、ぜんぶウラとってないんですけれどね。

というわけで、表題の件。

ボクたちワタシたちの強い味方、グーグル先生ことGoogleですが、この寒い季節にまた趣きのある裏技を誰かに見つけてもらったようです。

下の写真は、Googleの検索窓に「let it snow」と入力し検索をしたところです。

Google
  → Continue